日国友の会

ぬれがみをはぐよう【濡紙を剥ぐよう】

松井カード 用例 2020年03月25日 公開

2020年03月25日 江東遊民さん投稿

用例:其の霊験は覿面で杢兵衛の大患は濡紙(ヌレガミ)を剥(ハ)ぐように恢復し
『江戸から東京へ』 1922年 矢田挿雲
語釈:(2)病気が日増しに快方に向かうさまのたとえ。

コメント:2版に例なし。

編集部:第2版の子見出しは「濡紙を剥がすよう」となっていますが、用例が入りませんでした。

著書・作品名:江戸から東京へ

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1922年

著者・作者:矢田挿雲

掲載ページなど:309ページ(『江戸から東京へ 5』、1922)

発行元:金桜堂書店