日国友の会

のうしゃ【農舎】

松井カード 用例 2020年03月29日 公開

2020年03月28日 江東遊民さん投稿

用例:屋根に石の載せてある板葺きの粗末な農舎の前から、煙の輪がゆるやかに上り
『日蝕』 1948年 石上玄一郎
語釈:〔名〕(2)収穫物の処理をするための小屋。

コメント:2版に例なし。

編集部:第2版では、用例が入りませんでした。

著書・作品名:日蝕

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1948年

著者・作者:石上玄一郎

掲載ページなど:90ページ下段後ろから1行目〔『現代日本文学全集88』、1958〕

発行元:筑摩書房