日国友の会

こくみんか【国民化】

読者カード 語釈 2020年09月15日 公開

2020年08月07日 とねさん投稿

用例:ここに至って工業は貴族や宗教家らの要求するところとは別に、広く庶民の生活に流れ込み、生産そのものが国民化される機運に向う。〔松好貞夫「やとう人とやとわれる人 ――労働と契約――」〕
『日本生活風俗史(1)産業風俗 第一巻』 1961年
語釈:ある事物が国民の間に広くゆきわたること。また、そうすること。

コメント:語釈は「大衆化」を参考にしました。

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:日本生活風俗史(1)産業風俗 第一巻

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1961年

著者・作者:

掲載ページなど:18ページ

発行元:雄山閣