日国友の会

かぎざお【鉤竿】

読者カード 用例 2020年10月17日 公開

2020年08月12日 Rubraさん投稿

用例:若煩ふ者死する時は死骸を鉄製の鉤竿にて車に載せ
『官版疫毒預防説(研医会図書館蔵)』 1862年 洋書調所(該当部分は子安鉄五郎訳)
語釈:〔名〕竿の先に鉤のついたもの。流木を取り扱うのに使う。

コメント:遡ります

編集部:第2版では、巌谷小波『暑中休暇』(1892)の例が添えられていますが、さらに、30年さかのぼります。

著書・作品名:官版疫毒預防説(研医会図書館蔵)

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1862年

著者・作者:洋書調所(該当部分は子安鉄五郎訳)

掲載ページなど:三十丁左

発行元:萬屋兵四郎