日国友の会

しばん【指板】

読者カード 項目 2020年10月27日 公開

2020年08月23日 ubiAさん投稿

用例:イザイの持つて居たバイオリンはブリヂが低くて絃が指板にすれ/\になつて居た、
『「手首」の問題』 1932年3月 寺田寅彦
語釈:〔名〕バイオリンやギターなどで、音程をとるために指でおさえる、弦の下の板。指板(しばん)。(デジタル大辞泉、「フィンガーボード」の語釈1)

コメント:項目が載っていないようなので。ちなみに、第二版「フィンガーボード」の語釈には「〔名〕(英 finger board)ピアノ、オルガンなどの鍵盤。また、バイオリン、ギターなどの指板。」と「指板」が載っており、1956年の用例があります。初出(昭和七年三月、中央公論)とあります。

編集部:第2版では、この語形では立項されませんでした。

著書・作品名:「手首」の問題

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1932年3月

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:寺田寅彦全随筆三 1992年2月4日第1刷発行 378ページ本文7行目

発行元:岩波書店