日国友の会

ボーイング

読者カード 項目 2020年10月27日 公開

2020年08月23日 ubiAさん投稿

用例:所謂ボーイングの祕密の最も主要な點が此處にあるだけは疑ひのないことのやうである。
『「手首」の問題』 1932年3月 寺田寅彦
語釈:〔名〕(英 bowing)バイオリンやチェロなどを演奏する際の、弓のはこび。運弓。(cf.日国第二版「運弓」の語釈)

コメント:項目が載っていないようなので。ちなみに、第二版「運弓」の語釈には「〔名〕バイオリンやチェロなどを演奏する際の、弓のはこび。ボーイング。」と「ボーイング」が載っており、こちらも用例がありません。初出(昭和七年三月、中央公論)とあります。

編集部:第2版では、立項されませんでした。「うんきゅう(運弓)」が見出しにあるので、語釈は形式的には〈「うんきゅう(運弓)」に同じ。〉となるところではあります。

著書・作品名:「手首」の問題

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1932年3月

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:寺田寅彦全随筆三 1992年2月4日第1刷発行 379ページ本文4行目

発行元:岩波書店