日国友の会

なべやきや【鍋焼屋】

読者カード 項目 2021年01月14日 公開

2020年09月05日 とねさん投稿

用例:うどん屋の本塲(ほんば)は、京橋八丁堀に本所太平町附近、此の二ケ所だけでも冬になると、五百人からの鍋燒屋(ナベヤキヤ)が出來る。
『東京の解剖』 1917年 長谷川濤涯
語釈:〔名〕鍋焼き饂飩を売ることを職業とする人。また、その店。

コメント:第二版に立項なし

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:東京の解剖

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1917年

著者・作者:長谷川濤涯

掲載ページなど:56ページ後ろから3行目

発行元:研文堂