日国友の会

げんぺいひも【源平紐】

読者カード 項目 2021年01月14日 公開

2020年09月05日 とねさん投稿

用例:二十錢の資金(もとで)があれば今からでも出來る商賣、それは物の包みなどを結(ユハ)く源平紐(ゲンペイヒモ)の心棒を買集めるのである。
『東京の解剖』 1917年 長谷川濤涯
語釈:〔名〕贈答品などの包装に用いる紅白の紐。

コメント:語釈は「源平糸」を参考にしました。

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:東京の解剖

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1917年

著者・作者:長谷川濤涯

掲載ページなど:研文堂

発行元:68ページ