日国友の会

しょうひょう【礁標】

読者カード 用例 2020年11月21日 公開

2020年09月08日 Rubraさん投稿

用例:○灯台灯船浮標礁標便覧表
『内国諸表一覧』 1875年 関場忠揚(編)
語釈:〔名〕航路や暗礁、投錨の位置などを知らせたり、船舶を係留したりするために水面に浮かべておく標識。浮標。ブイ。

コメント:遡ります

編集部:第2版では、久米邦武『米欧回覧実記』(1877)の例が早いのですが、さらに、2年さかのぼります。

著書・作品名:内国諸表一覧

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1875年

著者・作者:関場忠揚(編)

掲載ページなど:

発行元: