日国友の会

ぼせいあい【母性愛】

読者カード 用例 2021年06月17日 公開

2020年10月06日 とねさん投稿

用例:讀者は此の事實によつて母の超人間的奮鬪と母性愛(ボセイアイ)の如何に深く强きものであるかを知るであらう。
『大正大震災大火災』 1923年10月1日 大日本雄弁会・講談社(編)
語釈:〔名〕母親が子どもに対して持つ愛情。生活力の未発達の乳幼児に対して発現の度が特に強い。保護、心配、世話、いたわりや接近、接触などの行動を通じて表現される。

コメント:わずかですが遡ります。

編集部:第2版では、嘉村礒多『業苦』(1928)の例が早いのですが、さらに、5年さかのぼります。

著書・作品名:大正大震災大火災

媒体形式:

刊行年(月日):1923年10月1日

著者・作者:大日本雄弁会・講談社(編)

掲載ページなど:146ページ

発行元:大日本雄弁会・講談社