日国友の会

つるばら

読者カード 用例 2021年04月07日 公開

2020年10月10日 ubiAさん投稿

用例:朝三越へ行き子クタイ及グロキシニアと蔓ばらの鉢を求め歸途白山にて草花の鉢若干求む
〔大正七(1918)年五月五日〕
『寺田寅彦日記』 1918年5月5日 寺田寅彦
語釈:〔名〕つる性品種のバラ。樹形で分類したバラの一群で、茎が他物にまきついて生長するもの。アーチ状の支柱にからみつかせたりする。

コメント:投稿例(1965)よりもさかのぼります。

編集部:2008年10月31日付けで、ぽんちさんに、庄野潤三『夕べの雲』(1965)の例をご紹介いただいていますが、さらに、47年さかのぼります。

著書・作品名:寺田寅彦日記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1918年5月5日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:337ページ本文9行目〔『寺田寅彦全集第十二巻』、一九五一年四月五日第一刷発行、一九八六年七月七日第二刷発行〕

発行元:岩波書店