日国友の会

ブーゲンビレア

読者カード 用例 2021年04月07日 公開

2020年10月10日 ubiAさん投稿

用例:午後三越に行きブーゲンベリア、及ロベリアの鉢を求む、
〔大正七(1918)年五月二十三日〕
『寺田寅彦日記』 1918年5月23日 寺田寅彦
語釈:〔名〕(ラテン bougainvillea)((ブーゲンビリア・ブーガンビリア)) オシロイバナ科のつる性低木。南アメリカ原産で、観賞用に温室などで栽培され、テリハイカダカズラ・イカダカズラなどの野生種の他に多くの園芸品種がある。茎はとげをもち長くのび、葉は卵形または楕円状披針形で細い柄がある。枝先に三枚の苞葉に包まれた黄白の小花が咲く。苞葉は紅紫・深紅・紫白・橙黄などのあざやかな色彩をもつ。学名はBougainvillea

コメント:投稿例(1928)よりもさかのぼり、表記も異なるので。

編集部:2004年1月28日付けで、古笈さんに、石川光春『歐米曼陀羅雜記 へゝのゝもへじ』(1928)から「ブーゲンビレア」の例をご紹介いただいていますが、さらに、10年さかのぼります。

著書・作品名:寺田寅彦日記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1918年5月23日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:寺田寅彦全集第十二巻 一九五一年四月五日第一刷発行、一九八六年七月七日第二刷発行 343ページ本文9行目

発行元:岩波書店