日国友の会

こどもべや【子供部屋】

読者カード 用例 2021年04月11日 公開

2020年10月11日 ubiAさん投稿

用例:其より主人大學に行かる、直ぐお歸り、小供部屋にて花壇の寫生等、
〔大正八(1919)年八月十一日〕
『寺田寅彦日記』 1919年8月11日 寺田寅彦
語釈:〔名〕(1)子どものための部屋。子ども専用の部屋。

コメント:第二版の用例(1921)よりさかのぼります。この部分は、後記によると「夫人の筆に成る著者の日記」とのこと。

編集部:第2版では、佐々木邦『珍太郎日記』(1921)の例が添えられていますが、さらに、2年さかのぼります。

著書・作品名:寺田寅彦日記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1919年8月11日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:426ページ本文3行目〔『寺田寅彦全集第十二巻』、一九五一年四月五日第一刷発行、一九八六年七月七日第二刷発行〕

発行元:岩波書店