日国友の会

しゅせきさん【酒石酸】

読者カード 用例 2021年04月11日 公開

2020年10月11日 ubiAさん投稿

用例:シャックリ未だやまず藥屋にて酒石酸二グラム、重曹四グラム求め召上がり一時やむ、
〔大正八(1919)年十月三十日〕
『寺田寅彦日記』 1919年10月30日 寺田寅彦
語釈:〔名〕オキシカルボン酸の一つ。化学式C4H6O6 D‐酒石酸、L‐酒石酸、ブドウ酸、メソ酒石酸の四種の光学異性体があるが、ふつうにはL‐酒石酸をさす。単斜晶系柱状結晶。植物の果実などに含まれ、広く存在する。清涼飲料水・シロップ・ベーキング‐パウダーなどの原料、マスキング剤、沸騰散などに用いられる。ジヒドロキシコハク酸。

コメント:第二版に載っているのは辞書類(1829~34、1873)のようで、実際の使用例が載っていないので。この部分は、後記によると「夫人の筆に成る著者の日記」とのこと。

編集部:第2版では、『泰西方鑑』(1829-34)と『薬品名彙』(1873)の例が添えられています。

著書・作品名:寺田寅彦日記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1919年10月30日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:439ページ本文10行目〔『寺田寅彦全集第十二巻』、一九五一年四月五日第一刷発行、一九八六年七月七日第二刷発行〕

発行元:岩波書店