日国友の会

いけいれん【胃痙攣】

読者カード 用例 2021年06月07日 公開

2020年11月07日 ubiAさん投稿

用例:姉上は先日來胃痙彎(原)にて就床中なりし。
〔大正三(1914)年一月十一日〕
『寺田寅彦日記』 1914年1月11日 寺田寅彦
語釈:〔名〕上腹部におこる突発性のはげしい痛みのこと。単一の病名ではなく、急性胃炎、胃潰瘍、幽門痙攣、回虫症、胆石症、膵臓炎、虫垂炎、腎結石などが原因でおこる。

コメント:第二版の用例(1915)よりさかのぼります。「胃痙彎(原)」は、原文ママの意で(原)がついています。寺田寅彦全集第十九巻 一九九八年八月六日発行では、「胃痙攣」となっています。

編集部:第2版では、『折口信夫日記』大正四年(1915)の記事の例が早いのですが、さらに、1年ほどさかのぼることになります。

著書・作品名:寺田寅彦日記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1914年1月11日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:25ページ本文6行目〔『寺田寅彦全集第十二巻』、一九五一年四月五日第一刷発行、一九八六年七月七日第二刷発行〕

発行元:岩波書店