日国友の会

ゴムひも【ー紐】

読者カード 用例 2021年06月15日 公開

2020年11月08日 ubiAさん投稿

用例:波の影響はゴム紐と円板のダムパーにて防くを得れ共、
〔大正三(1914)年十月十日〕
『寺田寅彦日記』 1914年10月10日 寺田寅彦
語釈:〔名〕ゴム糸を芯(しん)にして、綿などで織るか組むかした紐。ゴム糸を編んで作った紐をいうこともある。

コメント:第二版の用例(1915)よりさかのぼります。

編集部:第2版では、夏目漱石『道草』(1915)の例が早いのですが、さらに、1年さかのぼることになります。

著書・作品名:寺田寅彦日記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1914年10月10日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:89ページ本文3行目〔『寺田寅彦全集第十二巻』、一九五一年四月五日第一刷発行、一九八六年七月七日第二刷発行〕

発行元:岩波書店