日国友の会

ボロメーター

読者カード 用例 2021年07月21日 公開

2020年11月22日 ubiAさん投稿

用例:ボロメートル抵抗の測定漸く出來上る。(288ページ本文13行目)
〔明治三十五(1902)年九月二十二日〕
午後ボロメートル実験。(289ページ本文12行目)
〔明治三十五(1902)年九月二十六日〕
『寺田寅彦日記』 1902年9月22日 寺田寅彦
語釈:〔名〕(英 bolometer)《ボロメートル》赤外線などの輻射エネルギーを測定するための計器。

コメント:第二版の用例(1914)よりさかのぼります。

編集部:第2版では、勝屋英造『外来語辞典』(1914)の例が添えられていますね。

著書・作品名:寺田寅彦日記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1902年9月22日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:288ページ本文13行目、289ページ本文12行目〔『寺田寅彦全集第十一巻』、一九五一年三月五日第一刷発行、一九八六年六月五日第三刷発行〕

発行元:岩波書店