日国友の会

アンダンテ

読者カード 用例 2021年07月21日 公開

2020年11月22日 ubiAさん投稿

用例:モザルトノアンダンテの初めの一段漸く練習を終りぬ。
〔明治三十五(1902)年九月二十九日〕
『寺田寅彦日記』 1902年9月29日 寺田寅彦
語釈:〔名〕(イタリア andante 「歩くように」の意)(2)(1)の速度の楽曲・楽章。緩徐楽章。

コメント:投稿例(1938)よりもさかのぼります。

編集部:2016年3月27日付けで、古書人さんに、唐端勝・野川香文・青木正『軽音楽とそのレコード』(1938)の例をご紹介いただいていますが、さらに、36年さかのぼることになります。ちなみに、⑴の語釈は「音楽で、演奏速度を指示する語。アレグレットとアダージョの中間の速さ。ゆるやかに。」となっています。

著書・作品名:寺田寅彦日記

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1902年9月29日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:290ページ本文13行目〔『寺田寅彦全集第十一巻』、一九五一年三月五日第一刷発行、一九八六年六月五日第三刷発行〕

発行元:岩波書店