日国友の会

こいのあらい【鯉の洗い】

読者カード 用例 2021年09月03日 公開

2020年12月12日 ubiAさん投稿

用例:鯉のあらひ位なら⻝はせる內もあるから
〔大正十年(1921)十月二十九日〕
『小宮豐隆宛寺田寅彦書簡』 1921年10月29日 寺田寅彦
語釈:鯉を薄くそぎ切りにして氷水または冷水の中で洗い、身をちぢませた料理をいう。鯉の水作り。

コメント:用例が載っていないので。

編集部:第2版では、用例を添えることができませんでした。

著書・作品名:小宮豐隆宛寺田寅彦書簡

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1921年10月29日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:429ページ本文2行目〔『寺田寅彦全集第十五巻』、一九五一年七月五日第一刷発行、一九八六年十月六日第二刷発行〕

発行元:岩波書店