日国友の会

けいけんかがく【経験科学】

読者カード 用例 2021年10月12日 公開

2020年12月31日 ubiAさん投稿

用例:それで實用上差支へがない限り、それで押し通すといふのが所謂経驗科學の方法であります。
〔昭和四年(1929)五月二十七日〕
『伊野部重一郞宛寺田寅彦書簡』 1929年5月27日 寺田寅彦
語釈:〔名〕経験的事実を対象として、実証的に諸法則を探究する自然科学や社会科学。実証科学。

コメント:投稿例(1955)よりもさかのぼります。書簡末尾(五月廿七日)。

編集部:2008年10月11日付けで、末広鉄男さんに、三浦つとむ『弁証法はどういう科学か』(1955)の例をご紹介いただいていますが、さらに、26年さかのぼることになります。

著書・作品名:伊野部重一郞宛寺田寅彦書簡

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1929年5月27日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:618ページ本文14行目〔『寺田寅彦全集第十七巻』、一九五一年九月五日第一刷発行、一九八六年一二月五日第二刷発行〕

発行元:岩波書店