日国友の会

プレリュード

読者カード 用例 2021年10月12日 公開

2021年01月01日 ubiAさん投稿

用例:キタイスカヤの人通りは前に御端書のプレリュードがあつたので一層面白かつた
〔昭和四年(1929)十一月二十四日〕
『安倍能成宛寺田寅彦書簡』 1929年11月24日 寺田寅彦
語釈:〔名〕(英 prelude フランス prélude)「ぜんそうきょく(前奏曲)」に同じ。

コメント:第二版の用例(1931)よりさかのぼります。書簡末尾(十一月廿四日)。

編集部:第2版では、安藤更生『銀座細見』(1931)の例が早いのですが、さらに、2年さかのぼることになります。

著書・作品名:安倍能成宛寺田寅彦書簡

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1929年11月24日

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:300ページ本文11行目〔『寺田寅彦全集第十六巻』、一九五一年八月五日第一刷発行、一九八六年一一月五日第二刷発行〕

発行元:岩波書店