日国友の会

ごりょうしゃ【御料車】

読者カード 用例 2021年05月01日 公開

2021年04月25日 天逆大童さん投稿

用例:第壱百四十九号 横濱港ニ於テ新軍艦叡覧ノ為来ル十日午前八時十五分出発ノ汽車ニテ該港エ行幸被為在候ニ付…(中略)…御料車ノ外上中等列車用意致シ置ベク候…(中略)…明治十一年七月八日 鐵道局 往入第二千二百二十九号 海軍省御中…(後略)…
『海軍省公文備考(公文原書 巻50 本省公文)』 1878年11月8日 鐵道局
語釈:〔名〕皇室用の車。賢所(かしこどころ)の奉安車、両陛下・皇族の乗用車、外国の貴賓などの乗用車。

コメント:列車の用例で遡ります。

編集部:2020年10月4日付けで、ubiAさんに、『寺田寅彦日記』1916年4月6日付け記事の例をご紹介いただいていますが、38年ほどさかのぼります。

著書・作品名:海軍省公文備考(公文原書 巻50 本省公文)

媒体形式:その他

刊行年(月日):1878年11月8日

著者・作者:鐵道局

掲載ページなど:JACAR(アジア歴史資料センター)Ref.C09101161200[1-2/2](防衛省防衛研究所)

発行元:海軍省