日国友の会

さんこくふう【山谷風】

読者カード 項目 2022年05月13日 公開

2021年05月22日 ubiAさん投稿

用例:これと同じやうなことが、山の頂きと谷との間にあつて山谷風(サンコクフウ)と名づけられてゐます。
『茶碗の湯』 1922年5月 寺田寅彦
語釈:〔名〕「やまたにかぜ(山谷風)」に同じ。

コメント:この読みでは項目が載っていないようなので。「さんこくふう」とルビがあります。世界大百科事典の「山谷風(やまたにかぜ)」の語釈に、「〈さんこくふう〉ともよむ。」とあり、項目「山谷風(さんこくふう)」は、「→山谷風(やまたにかぜ)」。となっています。初出(大正十一年五月、赤い鳥)とあります。

編集部:第2版では、この語形では立項されませんでした。

著書・作品名:茶碗の湯

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1922年5月

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:237ページ本文13行目〔『寺田寅彦全随筆二』、一九九二年一月七日第一刷発行〕

発行元:岩波書店