日国友の会

はくしょくこう【白色光】

読者カード 用例 2022年05月13日 公開

2021年05月22日 ubiAさん投稿

用例:從つて白色光を組成する各種の波の內でも⾭や紫の波が赤や黄の波よりも多く散らされる。
『塵埃と光』 1922年5月 寺田寅彦
語釈:〔名〕(2)太陽光のように各波長の可視光線が適当な割合で混合しているため、白色の感じを与える光。

コメント:(2)の例でしょうか。第二版には用例が載っていないので。初出(大正十一年五月、科學知識)とあります。

編集部:第2版では、用例を添えることができませんでした。

著書・作品名:塵埃と光

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1922年5月

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:240ページ本文6行目〔『寺田寅彦全随筆二』、一九九二年一月七日第一刷発行〕

発行元:岩波書店