日国友の会

へんこうき【偏光器】

読者カード 項目 2022年05月13日 公開

2021年05月23日 ubiAさん投稿

用例:かういふ光を散らす微粒は其の散らす光の振動方向に片寄りを生ずる、所謂偏光を生じる。それで空の光を適當な適当な偏光器で檢査すれば空の部分によつて偏光の度や偏光面の方向が規則正しく分布されて居る事が分る。
『塵埃と光』 1922年5月 寺田寅彦
語釈:〔名〕偏光子と検光子を組み合わせた装置の総称。偏光板や偏光プリズムを組み合わせ、偏光の観察や測定に利用される。偏光顕微鏡も含まれる。(デジタル大辞泉)

コメント:項目が載っていないようなので。初出(大正十一年五月、科學知識)とあります。

編集部:第2版では、この語形では立項されませんでした。

著書・作品名:塵埃と光

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1922年5月

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:242ページ本文12行目〔『寺田寅彦全随筆二』、一九九二年一月七日第一刷発行〕

発行元:岩波書店