日国友の会

せんじこくさいこうほう【戦時国際公法】

読者カード 用例 2021年06月17日 公開

2021年05月25日 尽波満洲男さん投稿

用例:法学博士有賀長雄氏は<中略>氏今般「戦時国際公法」2巻を著し早稲田大学出版部より刊行せしめたり
『静岡民友新聞』 1904年5月27日
語釈:〔名〕「せんじこくさいほう(戦時国際法)」に同じ。

コメント:書名ではもっと古い本があります。

編集部:第2版では、用例が入りませんでした。ちなみに、「戦時国際法」の語釈に「戦時における国際法の総称。交戦国と交戦国との関係を定めた交戦法規と、交戦国と中立国との関係を定めた中立法規とがある。戦時国際公法。戦時公法。」とあり、用例は、水野広徳『此一戦』(1911)が引かれています。

著書・作品名:静岡民友新聞

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1904年5月27日

著者・作者:

掲載ページなど:朝刊1ページ

発行元:静岡民友新聞社