日国友の会

あんぜんガラス【安全─】

読者カード 用例 2021年07月27日 公開

2021年05月29日 天逆大童さん投稿

用例:安全硝子と稱するは、一枚のセルロイドを二枚の硝子で挾み良く密着せしめたものである。
〔抄録 (U.S.A. Pat.,No.1421974) 〕
『大日本窯業協會雑誌 (31巻371号)』 1923年7月20日 杉
語釈:〔名〕(ガラスはオランダ glas)ガラスの材質を、割れにくいように強化したり、破損しても破片が飛散しないようにくふうされたガラス。

コメント:遡ります。

編集部:2005年2月2日付けで、末広鉄男さんに、竹内時男『百万人の科学』(1939)の例をご紹介いただいていますが、さらに、16年さかのぼることになります。

著書・作品名:大日本窯業協會雑誌 (31巻371号)

媒体形式:その他

刊行年(月日):1923年7月20日

著者・作者:杉

掲載ページなど:375頁下段6-7行目

発行元:大日本窯業協會