日国友の会

さやいんげん【莢隠元】

読者カード 用例 2022年05月21日 公開

2021年06月05日 ubiAさん投稿

用例:細君は⻝卓に大きな笊をのせて⾭い莢隱元をむしつて居た。
『異郷 アムステルダアム』 1922年11月 寺田寅彦
語釈:〔名〕植物「いんげんまめ(隠元豆)」の異名。また、その未熟果で、莢のまま食用とするもの。

コメント:第二版の用例(1960)よりさかのぼります。初出(大正十一年十一月、明星)とあります。

編集部:第2版では、森茉莉『贅沢貧乏』(1960)の例が引かれていますが、さらに、38年さかのぼることになります。

著書・作品名:異郷 アムステルダアム

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1922年11月

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:285ページ本文2行目〔『寺田寅彦全随筆二』、一九九二年一月七日第一刷発行〕

発行元:岩波書店