日国友の会

こうしゅうしょくどう【公衆食堂】

読者カード 用例 2022年06月20日 公開

2021年06月20日 ubiAさん投稿

用例:或る公衆⻝堂で晝飯を⻝つたときに「君、デヴィルド・クラブを⻝つて見ないか」といふから、何だと聞くと、蟹肉に辛い香料をいれてホットにしてあるから、それで「デヴィルド」だといつて聞かされた。〔三 暑さの過去帳〕
『夏』 1930年8月 寺田寅彦
語釈:〔名〕(1)大衆向きで、手軽に食事をとるための食堂。特に、大正末期から昭和にかけて設けられた公営のものをいう。

コメント:第二版に載っている辞書類(1923)以外の文例(1931)よりもさかのぼるので。初出(昭和五年八月、東京朝日新聞)とあります。

編集部:第2版では、生田長江『現代語辞典』(1923)の例が早く、文章例としては一瀬直行『彼女とゴミ箱』(1931)の例よりも1年さかのぼります。

著書・作品名:夏

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1930年8月

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:154ページ本文1行目〔『寺田寅彦全随筆三』、一九九二年二月四日第一刷発行〕

発行元:岩波書店