日国友の会

せんかい【旋回】

読者カード 用例 2021年09月14日 公開

2021年06月27日 天逆大童さん投稿

用例:一分間二哩の快速力を以て縦橫自在に舵を操り、或は鷹の如く高空に飛揚し、或は地上數十尺の所を旋回する事數十回、轟々たるプロペラーの凄まじき唸りは
『The Japanese Times [紐育新報 (第百十五號) ]』 1913年10月4日 飛耳張目生
語釈:〔名〕(2)特に、航空機がその進路方向を、曲線を描くようにして変えること。

コメント:語釈 (2) の用例で遡ります。

編集部:2020年10月25日付けで、とねさんに、『大正大震災大火災』(1923)の例をご紹介いただいていますが、さらに、10年さかのぼることになります。

著書・作品名:The Japanese Times [紐育新報 (第百十五號) ]

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1913年10月4日

著者・作者:飛耳張目生

掲載ページなど:3頁1段目 飛行界の此頃

発行元:[Hoover Institution Archives] 紐育新報社