日国友の会

やみからやみにほうむる【闇から闇に葬る】

読者カード 用例 2021年09月23日 公開

2021年06月30日 天逆大童さん投稿

用例:巨額の軍事公債を募集するといふ風説が、何處からとなく、傳へられた爲に、普魯西の公債が、急轉直下した。そこで此風説は遂に事實となつて現れず、闇 (ヤミ) から闇 (ヤミ) に葬 (ハウム) られたが、
『大阪朝日新聞』 1914年10月18日 津村秀松
語釈:世人の目に触れないように処分する。また、後に証拠が残らないように、事件などをこっそり始末する。闇から闇。闇に葬る。

コメント:遡ります。

編集部:2020年10月12日付けで、とねさんに、『大正大震災大火災』(1923)の例をご紹介いただいていますが、さらに、9年さかのぼることになります。

著書・作品名:大阪朝日新聞

媒体形式:新聞・広報・官報

刊行年(月日):1914年10月18日

著者・作者:津村秀松

掲載ページなど:獨逸の戰意と戰備 (中の下) 經濟上より見たる[神戸大学経済経営研究所新聞記事文庫 欧州諸国 (10-001)]

発行元:朝日新聞合資會社