日国友の会

プロトタイプ

読者カード 用例 2022年09月05日 公開

2021年08月07日 ubiAさん投稿

用例:人間の悲劇や喜劇の原型(プロトタイプ)であり雛形(モデル)であるとも考へられなくはない。
『ピタゴラスと豆』 1934年7月 寺田寅彦
語釈:〔名〕(英 prototype)原型。標準。手本。

コメント:投稿例(1931)よりも新しいですが、ルビでの例として、とりあえず。初出(昭和九年七月、東京日日新聞)とあります。

編集部:2018年3月4日付けで、ねじり草さんに、寺田寅彦『柿の種』(1931)の例をご紹介いただいています。

著書・作品名:ピタゴラスと豆

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1934年7月

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:5ページ本文1行目〔『寺田寅彦全随筆五』、一九九二年四月三日 第一刷発行〕

発行元:岩波書店