日国友の会

しろようかん【白羊羹】

読者カード 項目 2021年09月01日 公開

2021年08月11日 垂々さん投稿

用例:うつみ牧〈白やうかん、白ささげ、中へ山の芋入〉〔四巻・五-菓子類〕
『増補男重宝記』 1702年 吉野屋藤兵衛
語釈:〔名〕和菓子の一。白餡を用いた羊羹。

コメント:*菓子話船橋〔1841〕「薄曇羹、是は白羊羹の種の中へ、小倉野にする大納言小豆の丸粒を取分、砂糖を垂し置、分量能程に白羊羹の種の中へ入て、煉交て船へ流すなり、一夜もさまし置、かたまりて切時は、切口に丸粒の小豆出で鹿の子の如く至て雅品にして、風味も殊更よし」(ジャパンナレッジ)

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:増補男重宝記

媒体形式:

刊行年(月日):1702年

著者・作者:吉野屋藤兵衛

掲載ページなど:13ウ2行目〔国立国会図書館デジタルコレクション-51コマ〕

発行元:吉野屋藤兵衛