日国友の会

バベル

読者カード 用例 2021年09月23日 公開

2021年08月11日 垂々さん投稿

用例:磁瓦は既に罷鼻落(バベル)造建の時専ら用ひ事旧りたることなり
『硝子製法集説』 1810(文化7)年 馬場 貞由
語釈:(英 Babel)バビロンの英語名。

コメント:幕末以前から翻訳されているので、スペイン語やオランダ語から?

編集部:引用された後に、原文では「按ニ罷鼻落你亜ヲ主建都ノ地」と注が続くので、「罷鼻落你亜(バビロニア)」に由来する宛字と思われます。バビロニアは英語 Babyloniaの音訳ですね。

著書・作品名:硝子製法集説

媒体形式:

刊行年(月日):1810(文化7)年

著者・作者:馬場 貞由

掲載ページなど:7コマ右面2行目(新日本古典籍総合データベース『硝子製法集説』 viewer/7)

発行元:国文学研究資料館