日国友の会

じぎょうぜい【事業税】

読者カード 用例 2022年09月29日 公開

2021年08月14日 ubiAさん投稿

用例:附加價値稅(ふかかちぜい)シャウプ勧告(かんこく)によつて創設された事業稅(ジギョウゼイ)にかわる新しい稅の一つであるが、
『キング新年号付録 新語大辞典 附 世界時局人名録』 1951年 編集兼発行人 中里辰男
語釈:〔名〕法人および個人の事業者に対し、その事業によって得る所得または収入金額を標準として課する都道府県税。昭和二三年(一九四八)地方税で新設され、現行は同二九年から実施。

コメント:第二版には用例が載っていないので。

編集部:第2版では、用例を添えることができませんでした。

著書・作品名:キング新年号付録 新語大辞典 附 世界時局人名録

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1951年

著者・作者:編集兼発行人 中里辰男

掲載ページなど:171ページ中段8行目〔「キング第二十七卷第一号付錄」昭和二十六年一月一日発行〕

発行元:大日本雄弁会講談社