日国友の会

カナルせん【ー線】

読者カード 項目 2022年11月15日 公開

2021年08月24日 ubiAさん投稿

用例:老人株ではカナル線の發見者ゴールドシュタインや、
『伯林大學(1909―1910)』 1935年5月 寺田寅彦
語釈:〔名〕(英 canal raysの訳語で、canalは穴の意)「ようきょくせん(陽極線)」に同じ。

コメント:項目が載っていないようなので。デジタル大辞泉「カナル線」では、「⇒陽極線」となっています。第二版「陽極線」の用例に、「現代術語辞典〔1931〕「陽極線 カナール線を見よ」」とあるので、辞典類としては(1931)の用例があるようです。初出(昭和十年五月、輻射)とあります。

編集部:第2版では、立項されませんでした。

著書・作品名:伯林大學(1909―1910)

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1935年5月

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:301ページ本文12行目〔『寺田寅彦全随筆五』、一九九二年四月三日 第一刷発行〕

発行元:岩波書店