日国友の会

れんぞくてき【連続的】

読者カード 用例 2023年01月25日 公開

2021年11月06日 ubiAさん投稿

用例:地球から中心に向つて比重が段々に連續的に變つて居る、
『地球內部の構造に就て』 1912年2-3月 寺田寅彦
語釈:〔形動〕切れ目なく続いているさま。ずっとつながっているさま。

コメント:第二版の用例(1921)よりさかのぼります。初出(明治四十五年二―三月、天文月報)とあります。

編集部:第2版では、矢田挿雲『江戸から東京へ』(1921)の例が早いのですが、さらに、9年さかのぼることになります。

著書・作品名:地球內部の構造に就て

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1912年2-3月

著者・作者:寺田寅彦

掲載ページなど:85ページ本文8行目〔『寺田寅彦全集第八巻』、一九五〇年一二月五日 第一刷発行 一九八六年三月五日 第二刷〕

発行元:岩波書店