日国友の会

はいとりだま【蠅取玉】

読者カード 項目 2022年01月14日 公開

2021年12月25日 とねさん投稿

用例:先(ま)づ直徑(さしわたし)一尺許(しやくばかり)にて、中は虛空(うつろ)なる圓(まる)き硝子球(ビイドロたま)を ⦅今世に行はるゝ蠅取玉(ハイトリダマ)の類⦆ 製(こしら)へ、
『猿猴腐敗玉(雑録)』 1897年5月10日 福地桜痴
語釈:〔名〕「はえよけだま(蝿除玉)」に同じ。

コメント:とりあえず投稿いたします。

編集部:第2版では、この語形では立項されませんでした。ちなみに、「蝿除玉」の語釈は「理髪店や蕎麦(そば)屋などで、蠅をよせつけないために天井からつるした金銀色の薄いガラス玉。はいよけだま」となっています。

著書・作品名:猿猴腐敗玉(雑録)

媒体形式:雑誌

刊行年(月日):1897年5月10日

著者・作者:福地桜痴

掲載ページなど:184ページ〔『文芸倶楽部』第3巻第7編〕

発行元:博文館