日国友の会

さんごうざっし【三号雑誌】

読者カード 用例 2022年09月23日 公開

2022年09月19日 まきすけさん投稿

用例:世の所謂(いはゆる)三号雑誌二号新聞と稱するものゝ起る蓋し此の點にありとせんか
〔第九 倒れかかった雑誌局の内証〕
『滑稽新話 明治流行嘘八百(第1編)』 1883年 菊亭静
語釈:〔名〕創刊しても第三号ぐらいで休・廃刊するような雑誌の俗称。永続の見込みのない雑誌をあざけっていう語。

コメント:

編集部:第2版では、『滑稽新聞』明治三五年(1902)三一号の例が添えられていますが、さらに、19年さかのぼることになります。

著書・作品名:滑稽新話 明治流行嘘八百(第1編)

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1883年

著者・作者:菊亭静

掲載ページなど:51ページ9行目 ( https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/882720/30 )

発行元:績文舎