日国友の会

まとをえる【的を得る】

読者カード 用例 2015年10月15日 公開

2015年03月23日 kumiyama-aさん投稿

用例:この人材の起用は、的を得たものであった。
『昭和外交史』 1962年 戸川猪佐武
語釈:的確に要点をとらえる。要点をしっかりとおさえる。当を得る。的を射る。
コメント:
編集部:小田実『大地と星輝く天の子』(1963)よりもさらに1年さかのぼりますね。

著書・作品名:昭和外交史

媒体形式:単行本

刊行年(月日):1962年

著者・作者:戸川猪佐武

掲載ページなど:135ページ

発行元:雪華社