インターネット辞書・事典検索サイト「ジャパンナレッジ」とは辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です!

2015年04月01日

国立国語研究所『日本語歴史コーパス』との連携サービスを開始NEW!

国立国語研究所の『日本語歴史コーパス 平安時代編』の検索結果からジャパンナレッジの「新編 日本古典文学全集」(小学館)を直接参照できる連携サービスを開始いたしました。
ジャパンナレッジ会員であれば、『日本語歴史コーパス』【中納言】の検索結果の用例リストから、その用例の存在する「新編 日本古典文学全集」の当該ページの本文、現代語訳、頭注を直接参照することができます。コーパスによる古典語の分析を現代語訳や頭注を参照しながら行うことが可能となります。なお、『日本語歴史コーパス』【中納言】のご利用には登録が必要です。[日本語歴史コーパス]
2015年03月31日

「日本大百科全書(ニッポニカ)」を更新しました! NEW!

新規メディアとして、古典籍(44点)の写真を新たに収録。化学(22点)、生化学(4点)、宗教(16点)、音楽(5点)、言語(42点)などの図版を追加しています。
また、政治・経済、人名(ノーベル賞受賞者ほか)に関する項目を中心に新規追加、生物(魚類)、生化学、歴史などに関する項目の改訂も行っています。
ニッポニカ・プラスは、医学、社会、国際、天文などに関することばを追加しました。
「日本大百科全書(ニッポニカ)」更新情報
「ニッポニカ・プラス」更新情報
2015年03月26日

「JK Who's Who」3月の更新情報

今月は、世界で初めてヒッグス粒子を検出したファビオラ・ジャノッティ(CERN次期所長)、アルツハイマー病治療につながる抗体を発見した富山貴美(大阪市立大学大学院准教授)、『映画音響論』でサントリー学芸賞を受賞した長門洋平(国際日本文化センター研究員)、佐藤栄作賞を受賞した経済学者の加藤篤史(青山学院大学教授)、網膜神経回路の形成を制御する遺伝子を発見し、ピカチュリアンと命名した古川貴久(大阪大学教授)など学術分野で活躍する研究者5名を含む12名を公開しました。
JK Who's Whoは、毎週木曜日更新です。[詳細はこちら]

フローズンスモア

甘味に対して貪欲な国民性でもあるのだろうか。ここ数年、マスコミは「新顔スイーツ」の紹介を好む。クロワッサンとドーナッ  (04/02更新)

コトバJapan!

「破綻」を何と読むか?

「破綻」を「はじょう」と読んでしまう理由とは? (03/30更新)

日本語、どうでしょう?

東洋史学者のエッセイからまなぶ、明日のための“教養”。

『増訂 長安の春』(石田幹之助著、榎一雄解説)を取り上げます。 (04/02更新)

週刊東洋文庫1000

第92回 網代、安代、足代

海の網代と川の網代  (03/20更新)

日本列島「地名」をゆく!

【第122回】

開けたあとも缶についたままになっている缶入り飲料の口金の名前は何? (03/26更新)

これ何?図鑑

「本棚」から本を読もう!

新しく加わった「本棚」をご紹介。叢書などの本を読むのに最適です!  (08/07更新)

なるほど!ザ・ジャパンナレッジ

他の読み物を読む