2014年10月31日

「日本大百科全書(ニッポニカ)」を更新しました! NEW!

新規メディアとして、四国・九州地方などの伝統工芸・民芸品(48点)の写真を新たに収録。化学(16点)、地学(3点)、民俗(36点)、法律(8点)、数学(30点)の図版を追加しています。
また、地学、文化に関する項目を新規追加、魚類、地学、化学、光学などに関する項目の改訂も行っています。
ニッポニカ・プラスは、IT、医学、経済、社会、政治などに関することばを追加しました。
「日本大百科全書(ニッポニカ)」更新情報
「ニッポニカ・プラス」更新情報

2014年10月30日

「JK Who's Who」10月の更新情報NEW!

学問・芸術の秋。今月は、以下の学術賞、芸術賞の受賞者ほか、全15名を公開しました。
・コスモス国際賞…フィリップ・デスコラ(人類学者)
・京都賞(基礎科学部門)…エドワード・ウィッテン(プリンストン高等研究所教授)
・高松宮殿下記念世界文化賞(彫刻部門)…ジュゼッペ・ペノーネ(彫刻家)
・京都賞(先端技術部門)…ロバート・サミュエル・ランガー(MITインスティテュート・プロフェッサー)

また、中村修二、赤崎勇、マララ・ユスフザイらのノーベル賞受賞者の内容の更新を実施しました。

JK Who's Whoは、毎週木曜日更新です。[詳細はこちら]

2014年10月29日

図書館総合展にて「Web版 群書類従ブース」を出展NEW!

来たる11/5(水)~7(金)で開催されます第16回図書館総合展にて、弊社の新コンテンツ「Web版 群書類従」に特化した展示ブースを出展いたします。今回はアカデミック・リソース・ガイド株式会社様に全面協力を頂き、同社共同ブースの一角を「Web版 群書類従」に染め上げます。
11/7(金)15:00~15:45には、「群書類従を活用して戦国の社会と地域を学ぶ」、「群書類従×図書館でできること」と題して、ミニレクチャーと討論会を開催。コメンテーターに、国文学研究資料館の丸島和洋氏、京都府立総合資料館の福島幸宏氏、及びコンテンツ開発担当者の八木書店古書出版部・恋塚嘉氏をお呼びし、「Web版 群書類従」の魅力と可能性に関して、余すところなく語っていただきます。
奮ってのご参加をお待ちしております。[詳細はこちら]

2014年10月20日

「会社四季報(2014年4集秋号)」 更新!

2014年4集・秋号の特集は、「1人当たり売上高」です。2013年4月~14年3月までの本決算期末における1人当たり売上高を掲載しています。株式投資や就職活動にお役立てください。

2014年10月17日

叢書ビューアがより使いやすくなりました!

「新編 日本古典文学全集」「東洋文庫」「江戸名所図会」「古事類苑」のブラウザ型ビューアを改良しました。画面上のページめくりボタンを視覚化し、また画面上部にもページ移動ボタン(前後、冒頭、末尾)を設置。さらに画面下部にマウスを合わせアイコンをクリックすると、スライドバーが表示され、任意の場所へのページ移動が簡単にできるようになりました。この機会にぜひお試しください。