本年度最初の本場所となった1月場所で優勝を決め、若乃花以来19年ぶりの日本人横綱となった稀勢の里のニックネーム。相撲(マニア)初心者や若い女子ファンは「キセリン」と呼ぶこともあるらしい。

 いまだ独身で、赤面症とまで言われる照れ屋な性格が乙女心をくすぐってやまない稀勢の里だが、今回の横綱昇進に伴い、力士を「可愛い」と見なす「スー女(=相撲女子の略)」が、よりいっそう激増すると予測される。

 なぜ昨今、相撲が女性に人気なのか、理由としては

・勝敗がわかりやすい
・日本の伝統的文化として興味がある(※歴女の流れ)
・ちょんまげ&ふんどし(まわし)というファッションが斬新!
・もち肌が羨ましい
・なんだかんだ言って、女子は「でっかい男」が好き
・いっぱい食べてくれそうで気持ちがいい

……などが挙げられるが、「横綱」の威光を程良くポップに和らげるスノッブなサブネームを“世間”からいただいた時点で、角界側は素直に「相撲ブームの促進」を喜び、「ありがたい」と解釈してかまわないのではなかろうか……と、筆者は思う。

 ちなみに、この「キセノン」は、原子番号54の希ガス元素(xenon.xe)と同名で、「時に空気を読めない稀勢の里」ゆえの命名……との説もある。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る