LINEなどのチャットサービスにおいてスタンプを連続して送信することで、この行為がまるで爆撃のごとくトークの場を荒らすため「スタンプ爆撃」と呼ばれ、これが省略されて「スタ爆」となった。

 とくに、グループLINEに多く見られる現象で、一人のヒマ人のたわいもない一言に、他のあまりヒマじゃない人たち、ヒマだけど文字を打つのが面倒な人たち……などが面白半分、または半ば社交辞令的なかたちでスタンプを連投するのが、おもな“誘爆”のパターンとなっている。

 筆者もメンバー20人近くの草野球チームのグループLINEに2つ所属しているが、ほんの1時間ほどスマホから目を離したスキに“未読”のスタンプが50以上も溜まっていることだって珍しくない。(※なお、草野球グループLINEに関しては、各メンバーのバッティングフォームやピッチングや円陣風景なんかをムービーに撮ったデータが細切れでまとめて送信されてくる「ムービー爆撃」、略して「ムー爆」も実在する)

 あと、筆者は無料スタンプをなんでもかんでもインストールしてしまう貧乏性な習性があるので、正午とか午後5時とかの区切りの良い時間帯には、スタンプの提供先である企業から、どさっとまとまってLINE広告が届いて、ちょっとだけ迷惑だったりもする。自業自得と言えばそれまでなんだが、これもまた一種の「スタンプスポンサーからの爆撃」、略して「スタ爆」なのかもしれない。

 ちなみに、近ごろの若い世代はあまりスタンプを使わないようで、「スタ爆」することを好むのは案外高年齢層だとの噂もある。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額600万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る