ジャパンナレッジNEWS

辞書に関係あることも ないことも ごった煮でお届けする 公式だけどオフィシャル感のない スタッフブログ的サイト。登録いただければ メールでもお送りします。
ジャパンナレッジ会員ならナレッジサーチャー(ジャパンナレッジ簡易検索)使えます。

「家政婦のミタ」で学んだこと。

2012-01-17

お正月気分もさすがに抜けてきたと思ったら、それもそのはずですね!気がつけば、今月も半ばを過ぎておりました。2012年はいったいどんな年になるのでしょうか? 良い悪い色々あっても、出来るだけ笑顔で過ごしたいものですよね。

そう、やっぱり笑顔って大事!! 昨年の暮れに、あるドラマを見ていて改めてそう思いました。そのドラマは、最高視聴率40%を叩き出して話題となっていた「家政婦のミタ」。皆さんはご覧になられたでしょうか? かくいう私も視聴率の一端を担うべく、しっかり見ておりました。

タイトルから想像するに、市原悦子主演の、あの有名なドラマシリーズのパロディーなのかと思いきや、そうではなく(でも題名がかぶっているのは「家政婦は見た!」へのオマージュなのだとか)、大切なものを失ってしまった人たちの心の再生をテーマにしたもので、全体的には軽いタッチでありながらも、シリアスな内容のドラマでした。

そして、話題にさらに火をつけたのが、主演の松嶋菜々子演じる、家政婦のミタさんの徹底した無表情ぶり。暗く辛い過去を持つミタさんは、決して笑うことがないという設定です。

もちろん、松嶋菜々子は笑わなくても無表情でもそれはやっぱり美しい! だけど、どう見たっていつもみたいに素敵じゃない……。メイクも徹底して地味にしているし、衣装も地味。女優キラキラオーラも全部消して、あえて地味に作り上げているにしても、それにしたって随分と変わるものだなと思ったものです。

笑顔でいる時と笑わず暗い顔で無表情なのとではこんなに印象って違うの? ましてや、こんな綺麗な女優さん、天下の松嶋菜々子でもそうなんだから……。やっぱり人は笑ってなくちゃねと、ドラマの内容とは別のところで一人深く感慨にふけってしまいました。

先日、いつものようにチャーミングな笑顔の菜々子さんがテレビに映っていました。 う~ん、眩しい! この歴然たる違い! キラッキラしていました☆

やっぱり、笑顔に勝るメイクはないのである!! もうこうなったら、笑えない時だって笑っとくしかない!

2012-01-17 written by タカハタ
そうはいっても、寄る年波やら冬の乾燥やら……。「笑顔」だけだと少し心もとない今日この頃。最新メイクアップ術でも勉強してみようかな?

システムメンテナンスのお知らせ

2019年11月24日(日)9:00~18:00 ※予定

上記の日程で定期メンテナンスおよび、サーバのセキュリティ対策を実施するため、ジャパンナレッジの全てのサービスを停止します。お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

会員ID、パスワードをお忘れの方