ジャパンナレッジNEWS

辞書に関係あることも ないことも ごった煮でお届けする 公式だけどオフィシャル感のない スタッフブログ的サイト。登録いただければ メールでもお送りします。
ジャパンナレッジ会員ならナレッジサーチャー(ジャパンナレッジ簡易検索)使えます。

ライフ イズ ビューティフル

2018-07-27

都営浅草線馬込駅はかつて文士村と呼ばれたエリアの近く。尾崎士郎を中心に次々と文豪たちが住むようになったからだという。そんなプチ歴史のある馬込も今は昔。お隣終点の西馬込駅と違い、駅周辺のにぎわいはない。国道一号線沿いにはファミマとまいばすとココスがあるくらいで、環七側の出口といったらコンビニすらない。

がしかし、そんな馬込に今年の春、ライフ東馬込店がオープンした。ライフとは関東地方と近畿地方に展開するスーパーマーケット。四葉のクローバーが目印だ。ヨーカ堂や西友ほどではないが、そこそこの店舗展開をしていると思う。

環七沿いのせいか1階に駐車場をもつ。2Fと3Fが売り場となり、2Fはおもに生鮮食品、冷蔵・冷凍モノ、お惣菜にお弁当、パンなど。3Fはお酒、乾ぶつ類、お菓子、日用品などなど。営業時間はサラリーマンにもやさしい夜中の12時まで。

家から近いせいもあるが、使い勝手としてはスーパーというよりも大きなコンビニのイメージだ。コンビニといえば、まいばすけっと(イオングループ)はあきらかに「生鮮食品のあるコンビニ」で、店舗の大きさからもコンビニを意識している。ただ、通っているうちに肉は豚バラ、野菜は小松菜、のようにほぼ同じものを食べることになりかねないので、ローテーションにライフが入ったことは頼もしいかぎりだ。

大森まで行くと、ヨーカ堂、西友、あるいはオオゼキというスーパーがある。大森から少し池上通りを環七方面に進んだところにはMEGAドンキ、反対に、西馬込方面にはスーパーキタムラという、おそらく馬込界隈の大地主と思われる北村家がオーナーと思われるスーパーがある。いずれも自転車ないし自動車を使わないとおいそれとは行くことができないので、そのすき間を埋めるライフ、まいばすの存在は極めて重要なのである。

2018-07-27 written by テツマザキ
スーパーキタムラの近くには三島由紀夫宅がいまだ残っている。人が住んでいる気配はないが、誰かが手入れしているのか小ぎれいに残っている。彼も文豪のひとりだが、時代が違うということで文士村メンバーとしては扱われない。