ジャパンナレッジNEWS

辞書に関係あることも ないことも ごった煮でお届けする 公式だけどオフィシャル感のない スタッフブログ的サイト。登録いただければ メールでもお送りします。
ジャパンナレッジ会員ならナレッジサーチャー(ジャパンナレッジ簡易検索)使えます。

グーグルからのメールがすでにAIっぽい

2019-03-26

グーグル(Google)といえば、世界中の人がお世話になっている検索サービスですが、サイト運営に欠かせないようなサービスもちょいちょい、というかかなり存在します。その中でもよく使われているのがアナリティクス(Google Analytics)サービスというもの。アクセスログを集計してくれるサービスなのですが、これがなかなか厄介な代物でして。

なにが厄介かというと、ひとつはしょっちゅうインターフェースが変わるところ。しばらくぶりにいじるとインターフェースが変わっていた、ということしばしばで、メニューを探すのに一苦労します。が、機能のほうは盛りだくさんで、さまざまな情報を分析することができます。如何せん、使い手の頭が悪いのか、なかなかその全貌を明らかにすることができません。全体の1割くらいしか使ってないような感じは、まるで人間の脳ミソのようですが。

このアナリティクスとセットで使われるサーチコンソール(Google Search Console)というサービスもあるのですが、これは「どんなキーワードでサイトにやってきたか?」とか「そのキーワードのうち、どれが多くクリックされたか?」といった情報を集計してくれます。いわば、サイトに来る前の情報を集計するのがサーチコンソール、サイトに来てからの情報を集計するのがアナリティクス、ということになります。

このサーチコンソールが、ちょいちょいメールをしてきます。「このリンク先のページがありませんよ」とか「このページの設定がおかしくありませんか?」とか、たいがいはミスを指摘する内容です。しかもだいたい的を射ています。「このページはきれいですね」とか「とても分かりやすい内容です」なんてことは口が裂けてもいいません(口があるのか知りませんが)。

先日は「ジャパンナレッジさん、スマホで見ると字が小さいですよ」という内容のメールが来ました。よく見てますよね。じつはこれ、ずっと気になっていたところなんです。なので、痛いところを突かれた、と同時に、しょうがないなあ、ちょっと考えようかな、と思い始めた次第です。

仕事に限らず、やらないといけないなあと思ってはいてもなかなか手につかない、でも、ちょっとしたきっかけでやる気になったりすることがあると思います。部屋の掃除をさぼっていても、明日友だちが来るってことになると慌てて掃除するとか、ちょっと違うかもしれませんが。

しかし、このきっかけというやつはなかなかに難しい、古くて新しい、というか永遠の課題のような気がします。よかれと思った言葉で、ひどく機嫌を損ねたり、逆に何の気なしにかけた言葉にいたく感動されたり。後者については一度だけあるのですが、後輩に言われるまでそんなこと言ったことすら忘れていた(どころか、聞いても思い出せない)くらい。「おれの言葉なんて、ほんのきっかけだから。」なんていうそぶりも、そんなに感動したなら早く言ってくれよ、というのが本音なところでした。

というわけで、障子の組子のほこりを指ですくう姑のようなサーチコンソールからのメールは、今回ばかりはそっと背中を押すようにアドバイスしてくれたように思えたのでした。

2019-03-26 written by テツマザキ