ジャパンナレッジNEWS

辞書に関係あることも ないことも ごった煮でお届けする 公式だけどオフィシャル感のない スタッフブログ的サイト。登録いただければ メールでもお送りします。
ジャパンナレッジ会員ならナレッジサーチャー(ジャパンナレッジ簡易検索)使えます。

気になるモミジ

2020-05-01

最初の苔玉に植えたのがモミジ。そのモミジがいい具合に育ち、いまは鉢植えになっている。そんなモミジが気になるようになってしまった。

モミジが気になる、とは?

その鉢植えになったモミジ、苔玉時代は無造作に手入れしていたので、好き勝手に育っていた。でもいい加減バランスが悪いだろうと思い苔玉師匠に相談したところ、鉢植えとなった。ちょっとした盆栽のような感じに。

こうなると枝ぶりが気になってくる。調べると剪定は冬がよいとある。枯れた葉っぱを取り除き、ハゲハゲになった枝をみて、エイッとハサミを入れる。ここからこう生えて、こっちの枝がこうなって、なんていうのを想像するのも結構楽しいです。我流ですけど。

そんな初冬のころ、埼玉の飯能にドライブに行ったとき、とあるお寺でモミジの苗を売っていた。これは気になる!ということで一株100円で2株購入。鉢に植え替え、春に芽吹くのを待った。

待っているあいだ思いました。こんな苗ならそこらの空き地や露地にあるんじゃないか?と。近所を散策するとありました! 2株ほど調達。ひとつは立派な、すでに15cmほど育っていたもの。もうひとつはだいぶ離れたところに雑草に紛れて生えていた。こいつは5cmに満たないくらいの小さいやつ。お寺のモミジと同じ鉢に、都合4株をひとつの鉢に植え育てることに。

寒くなると葉がすぐに落ちた。でもツヤツヤした赤い芽?は元気そう。

そしてこの春、露地ものが芽吹く。なんとお寺の苗はふたつとも枯れてしまった。飯能からの遠征がストレスだったのか、残念でした。ついでといってはなんですが、春先にもうひと株入手。露地に芽吹く姿はきれいだったのに、抜こうとするとあらぬ方向から伸びていて、抜くと幹?が90度曲がっている。少々乱暴に抜いたので根も傷ついた。植え替えた直後はダメかなあと思ったが、今は元気に葉を伸ばしている。

元苔玉のモミジはというと、葉が少々シワシワで勢いがない感じ。これは師匠に相談したほうがいいのかな?

じつは、もう2株ほど生存を確認している。こいつらも勝手にサルベージしようかと考えている。

こんなに育てて一体なにをしたいのか自分でもよくわからないのだけれど、しばらくはボーッと眺めていられればと思う。

2020-05-01 written by テツマザキ

システムメンテナンスのお知らせ

2020年5月30日(土)9:00~13:00 ※予定

上記の日程でシステムメンテナンスを実施するため、ジャパンナレッジの全てのサービスを停止します。お客様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

会員ID、パスワードをお忘れの方