知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと約700冊! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『幕末の宮廷』(下橋敬長述 羽倉敬尚注・解説)

2017/04/27
   孝明天皇は大酒飲みだった!?
幕末の天皇の生活がつまびらかに

 天皇退位問題もようやく決着がつきそうですが、この間、いろいろと考えさせられました。いわゆる左派の人たちが今上天皇の心情に寄り添い、保守系の識者からは「ご自分で定義された天皇の役割を果たせないから退位したいというのはおかしい」という批判が飛び出ました。どちらが天皇制を大切にしているのか、よくわかりません。かくも不可思議な存在だということでしょうか?

 本書『幕末の宮廷』は、そんな不可思議な存在、生活ぶりを赤裸々に語りおろしたものです。著者の下橋敬長(しもはし・ゆきおさ)氏は、ジャパンナレッジ『国史大辞典』によれば、〈一条家の侍の家柄として十二歳より御側出仕。のち装束召具方を勤め高倉流を修める〉とあります。孝明天皇の時代の宮廷に仕えた人です。で、故実家としてかつての宮廷の様子を後世に残すべく、大正時代に講演を行い、それが速記本としてまとめられたという次第。タイトル通り、主に江戸時代最後の天皇、孝明天皇を中心とした宮廷の様子がつぶさに語られています。

 特に貴重なのは「主上日常の御動作」です。朝起きてから寝るまでが、詳細に記されます。たとえば〈おあさ〉。朝食には、「おあさ」という名の塩辛い餅が献上される決まりなんだそうです。室町末期、足利将軍家ががたがたとなり、天皇を敬うどころの話じゃない。つまり捨て置かれた。食事にも困る始末。それを見かねた餅屋が、餅を献上した。その風習が残っているのです。で、今は美味しくないので形式だけ残った(かつては食べていたということです)。「伝統」とはかくも不思議なものです。

 天皇の一日は、遥拝に始まります。そして日中。


 〈お学問、お手習い、お歌などを遊ばす、ずいぶんお忙しい〉


 孝明天皇はお酒が好きだったらしく、6、7時から飲み始め、10時頃まで飲んでいたそうです。なので就寝は12時。そして朝起きて遥拝。この繰り返しです。

 本書のもうひとつの特徴は、天皇に仕える人々の仕事の中身や様子を詳述しているところでしょう。大きな儀式になると、その装束はほとんどがレンタルしていたという記述もあり、当時の宮廷および公家の生活ぶりがしのばれます。

 誰からも顧みられることのなかった天皇が、政治の表舞台に引っ張り出され、権力者に利用されるのは、明治になってのことです。



カテゴリ: