知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと約700冊! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『中国陶瓷見聞録』(ダントルコール著、小林太市郎訳注、佐藤雅彦補注)

2017/05/25
   フランス宣教師がレポートする
窯業都市・景徳鎮の姿

 〈拝啓/時折は景徳鎮(けいとくちん)に滞在して新しき信者の心を培ううちに、かの世界各地に伝播して異常なる賞讃を博しつつある美しき瓷器(じき)の造らるる方法を実地に研究仕り候。もとより、好奇の心を以て斯(か)かる探索を為せしには非ざるも、併しながら、これ等の制作に関するあらゆる事の稍々(やや)詳細なる記述が、ヨーロッパに於いて何かの役に立つべしとは存じ申し候〉


 のっけから「候文(そうろうぶん)」で恐縮ですが、そう書いてあるのだから仕方ありません。これは、『中国陶瓷見聞録』の冒頭です。本書は、1700年代に、中国・清で布教活動に従事したフランス人宣教師フランソワ・グザイエ・ダントルコールが、本国に宛てて送った書簡集です。東洋文庫所収の『イエズス会士中国書簡集』もそうですが、この当時、宣教師たちは異国にやってくると、レポート(書簡)を提出していたのです。
 本書が貴重な書物である所以は、レポートの対象が景徳鎮だからです。彼の地は、〈中国江西省の北東部,昌江上流にある中国第一の窯業都市〉(ジャパンナレッジ「世界大百科事典」)で、ダントルコールが訪れた時期は、〈その最盛期で、人口も40万に達し、数多くの製品が海外にも輸出され、ヨーロッパ各国で愛された〉(同「ニッポニカ」)のだそうです。

 で、冒頭に戻るのですが、昭和18年に初版が出ているせいか(本書は昭和21年版の再録)、全編が候文。格調は高いのですが、正直、ちと読みづらい。しかし内容に関しては、微に入り細を穿つ詳細なものです。


 〈火焔は諸方より渦巻き上がり、一望直ちに景徳鎮の広袤(こうぼう)(広さ)と奥行と輪郭とを示し居り候。夜ともなれば、恰も全市火に包まれたる一巨邑を観る如く、又は多くの風孔ある一大炉を視る如き感、致し候〉


 この調子で陶磁器が製作される過程を綴っていきます。

 ルイス・フロイスの『日本史』(東洋文庫所収)でも感じましたが、彼ら宣教師の目的は布教のはずなのに、異国の文化や風俗を詳細にレポートしています。そこには、「科学者の目」ともいうべき視点があります。

 注によれば、「好奇心」はキリスト教の悪徳のひとつだそうですが、著者が冒頭〈好奇の心を以て斯かる探索を為せしには非ざるも〉と釈明するのは好奇心があった証拠。ダントルコールのような人間の好奇心によって、ヨーロッパ人は中国、そして東洋を知ったのでした。



カテゴリ:

東洋文庫
『今古奇観1 明代短編小説選集』(抱甕老人編 千田九一、駒田信二訳)

2017/05/18
   欲深や嘘つきには必ず天罰が……
読むとスッキリ! 明の勧善懲悪小説

 こうも世の中がギスギスしてくると、人情に触れたくなるのが人の常。そこでGWを利用して『今古奇観(きんこきかん)』を堪能することにしました。

 『今古奇観』は、〈民衆の生活に基づいた勧善懲悪的小説四〇編を選録したもの〉(ジャパンナレッジ「日本国語大辞典」)で、〈江戸時代に伝来し、曲亭馬琴・都賀(つが)庭鐘や上田秋成らに影響を与えた〉(同「デジタル大辞泉」)といわれています。

 正直申しまして、これが面白い。登場人物は、クセのある人間が多いのですが、目立つのは「欲深」です。


 〈世間の人は目さきのことにばかり気をとられてさきざきのことを考えず、他人には損をさせて自分だけがもうけようとする〉


 ドキリとした人、いません?

 第1巻の中で興味深かったのは「第八話」です。あるところに花を愛する秋(しゅう)という老人がいた。渾名は「花きちがい」。花を愛で、育てている花がしぼむと、〈涙を流すのが常〉というのだから尋常じゃありません。秋さんのこの素晴らしい庭園に目を付けたのが、欲深の若旦那です。こんな奴です。〈役人の家の息子だったが〉――つまり二世のボンボンですな、〈その人柄はずるくて嘘つきで〉――そんな政治家ばかりですが、〈残忍で情容赦もなく、勢力を笠に着て隣近所をだましたりおどしたりして、善良な人々をくるしめてばかりいた〉。

 この若旦那が仲間を引き連れ、「庭を売れ」とやってきて、秋さんが断ると、乱暴狼藉やりたい放題。二世のボンボンのやりそうなことです。秋さんが悲しんでいると、仙女が現れて元通りにしてくれます。ところがそのことを若旦那が役人に密告し、妖術使いの嫌疑で捕まってしまう。秋さんが天に祈ると、再び仙女が現れ、最後は秋さん、仙界に上ることを許される。


 〈心ただしく持ちゆけば/神の助けがきっとある〉


 若旦那はどうなったかって? 最後には、糞溜めの中に頭から突き刺さって窒息死です。まさしく勧善懲悪。嘘をつけばお天道様が許さない。それが『今古奇観』に通底する理(ことわり)なのです。

 さて今の日本は? 『今古奇観』の世界なら、〈辞書で念のために調べてみたんでありますが、“そもそも”という言葉は“基本的に”という意味もある〉と国会で嘘をついたあの人にも、天罰が当たるはずなんですがねぇ。



カテゴリ:

東洋文庫
『板橋雑記・蘇州画舫録』(余懐著、西渓山人著、岩城秀夫訳)

2017/05/11
   明末の南京・秦淮と清中期の蘇州の
遊里&名妓のレポート

 おそらく、というより間違いなく、東京五輪に向けて、都の繁華街は「浄化」されていくのだろうな、と本書『板橋雑記・蘇州画舫録』を読んでしみじみと思いました。

 本書は、明代末から清代にかけて華やいだ遊里――南京・秦淮(「板橋雑記」)、そして清代中期の蘇州(「蘇州画舫録」)の名妓・遊女たちのレポート、というのが最も相応しい説明でしょうか。なにせ、〈色の道の天国、太平の御代の楽園〉ですからねぇ。それを伝える筆致のいちいちが色っぽいのです。

 あるトップの名妓の台詞。


 〈どんなお方でもわたしどもの家にお越しになりましたら、堅いお志も蕩(とろ)けてしまい、心の底から色の道に迷いこみ、すっかり溺れこんでしまってお帰りになるのでございます〉


 ゾクッときます。

 もちろん「遊女」は日本にも古くからいました。


 〈日本の文献に遊女のことが出るのは《万葉集》の遊行女婦(うかれめ)が最も古く,以後10~12世紀ころまでに,うかれめ,遊女(あそびめ)/(あそび),遊君(ゆうくん),および中国語の妓女(ぎじよ),娼女(しようじよ),傾城(けいせい)などの称が使われるようになった〉(ジャパンナレッジ「世界大百科事典」)


 本書を読んでいて「なるほど」と思いましたが、遊女が評価されるのは、器量だけではありません。歌や楽器、古典の教養なども評価の対象でした。日本も同じです。


 〈遊廓は身分差別を越えた遊び場であったから、たえず華々しい遊女争いが起り、文学・演劇の豊かなニュース=ソースとなった。また遊廓での平和な豊かな遊びのなかから多種多様の新しい文化が創造され、かつ、その源泉ともなった〉(同「国史大辞典」、「遊廓」の項)


 〈遊廓が近世文化全体のなかで占める比重はきわめて大きい〉(同前)と断言しているくらいですからね。遊里や遊女は(日本でも中国でも)、ひとつの文化発信装置であったことは間違いないでしょう。そして本書の世界でも、江戸の吉原でも、名妓を身請けすることは名誉でした。決して下位の存在ではなかったことが、本書の本気度からもわかります。しかし遊里は今、風俗街と名を変え、最下層に位置づけられています。だから「浄化」という発想になる。平和でも豊かでもないよなあ。現代の遊里にも、文化や粋があると思うのだけれど。



カテゴリ:

東洋文庫
『入蜀記』(陸游著 岩城秀夫訳)

2017/05/04
   長江の船旅を追体験できる
南宋第一の詩人の「紀行文学の傑作」

 GWは憂鬱です。フリーランスの仕事をしていると(フリーでなくてもそうでしょうが)、GWは仕事のペースを狂わせます。「GW前までに仕上げてくれ」だの「GW明けすぐによこせ」だの、そういう発注が増えるからです。うまく調整しないと、GW中も仕事をしている羽目に陥ります。ま、どちらにせよ、GW中はどこにも行かずにダラダラしているのですが……。というわけで、少しでも“旅情”を感じようと本書『入蜀記』を紐解きました。

 〈紀行文中の圧巻〉(ジャパンナレッジ「ニッポニカ」、「陸游」の項)

 〈紀行文学の最高傑作〉(同「世界文学大事典」、「陸游」の項)

 と絶賛される、南宋の詩人・陸游(りくゆう/1125~1209)、46歳の時の日記『入蜀記』。〈長江をさかのぼる158日間の船旅の体験〉(同前)です。

 この陸游、文人官僚でもあったのですが、〈要路の人を批判しては幾度も免職にあい、官職にあったのは通算しても20年ほどでしかない〉(同「ニッポニカ」)という反骨の人でもあったようです。常に国の現状を憂えていた人でもありました。さてそんな詩人が綴った、〈紀行文学の最高傑作〉とは?

 陸游は、赴任先の蜀(四川省)に赴くために、船で長江を遡ります。名所・旧跡を辿りながらのゆっくりした旅です。陸游は5月18日から10月27日まで、ほぼ毎日欠かすことなく、日記をつけるのですが、頻出するのがこのような言い回しです。


 〈……と詠じているのは、この地のことなのである〉


 風景を愛でながら、その地を詠んだ李白や杜甫の詩の一節を諳んじる。これがいい。日本でいえば、芭蕉の『奥の細道』を辿るようなもんです。読者は、名詩と、陸游の目を通した風景を比べながら、その旅情に浸る。なるほど、これぞ正しい教養の用い方なのでしょう。

 そして何より、陸游自身が、〈南宋第一の詩人〉(同「世界大百科事典」)なのです。


 〈夜、子供たちと岸に登り、大江を前にして月を観賞した。江の水面は遠く天と接し、月影が水に映じ、ゆらゆらと揺れている。あたかも黄金色の虬(みずち)のようで、胸をときめかせ目を見張る眺めである〉


 こういった詩情が、あちこちに出てきます。これがまたいい! 

 旅行にいった気分に浸りました。旅の追体験です。これで心置きなく、GW中はだらだらできます。



カテゴリ:

東洋文庫
『幕末の宮廷』(下橋敬長述 羽倉敬尚注・解説)

2017/04/27
   孝明天皇は大酒飲みだった!?
幕末の天皇の生活がつまびらかに

 天皇退位問題もようやく決着がつきそうですが、この間、いろいろと考えさせられました。いわゆる左派の人たちが今上天皇の心情に寄り添い、保守系の識者からは「ご自分で定義された天皇の役割を果たせないから退位したいというのはおかしい」という批判が飛び出ました。どちらが天皇制を大切にしているのか、よくわかりません。かくも不可思議な存在だということでしょうか?

 本書『幕末の宮廷』は、そんな不可思議な存在、生活ぶりを赤裸々に語りおろしたものです。著者の下橋敬長(しもはし・ゆきおさ)氏は、ジャパンナレッジ『国史大辞典』によれば、〈一条家の侍の家柄として十二歳より御側出仕。のち装束召具方を勤め高倉流を修める〉とあります。孝明天皇の時代の宮廷に仕えた人です。で、故実家としてかつての宮廷の様子を後世に残すべく、大正時代に講演を行い、それが速記本としてまとめられたという次第。タイトル通り、主に江戸時代最後の天皇、孝明天皇を中心とした宮廷の様子がつぶさに語られています。

 特に貴重なのは「主上日常の御動作」です。朝起きてから寝るまでが、詳細に記されます。たとえば〈おあさ〉。朝食には、「おあさ」という名の塩辛い餅が献上される決まりなんだそうです。室町末期、足利将軍家ががたがたとなり、天皇を敬うどころの話じゃない。つまり捨て置かれた。食事にも困る始末。それを見かねた餅屋が、餅を献上した。その風習が残っているのです。で、今は美味しくないので形式だけ残った(かつては食べていたということです)。「伝統」とはかくも不思議なものです。

 天皇の一日は、遥拝に始まります。そして日中。


 〈お学問、お手習い、お歌などを遊ばす、ずいぶんお忙しい〉


 孝明天皇はお酒が好きだったらしく、6、7時から飲み始め、10時頃まで飲んでいたそうです。なので就寝は12時。そして朝起きて遥拝。この繰り返しです。

 本書のもうひとつの特徴は、天皇に仕える人々の仕事の中身や様子を詳述しているところでしょう。大きな儀式になると、その装束はほとんどがレンタルしていたという記述もあり、当時の宮廷および公家の生活ぶりがしのばれます。

 誰からも顧みられることのなかった天皇が、政治の表舞台に引っ張り出され、権力者に利用されるのは、明治になってのことです。



カテゴリ: