知識の泉へ

週刊東洋文庫トップへのリンク

1963年に刊行がスタートした『東洋文庫』シリーズ。日本、中国、インド、イスラム圏などアジアの古典・名著がズラリそろって、その数なんと約700冊! 後世にぜひ引き継いでいきたい、まさにアジアの文化遺産なのです。

そんな珠玉の作品の中から、毎週1作品をピックアップ。1000文字のレビュー、そしてオリジナルカルテとともに、あなたを面白くて奥深い「東洋文庫」の世界へいざないます。

東洋文庫
『日本史4 キリシタン伝来のころ』(ルイス・フロイス著、柳谷武夫訳)

2017/03/23
   信長は、几帳面で節制生活だった!?
宣教師が見た戦国日本(4)

 〈近江国で、信長は新しい町と城と屋形とを安土山といわれる山上に造った。七階建で、彼の時代までに日本で建てられたうち最も威容を誇る豪華な建築であったという〉


 織田信長の「安土城」の記述です。安土城は、信長によって、〈天正4年(1576)に着工〉された城で、〈天守閣を中心とする本格的な近世の城の最初のもの〉(ジャパンナレッジ「デジタル大辞泉」)と言われています。〈城郭史からみて安土城が特筆されるのは、五層七重(地上6階地下1階)の天守閣が建てられたこと〉(同「ニッポニカ」)なのですが、焼失して今はなき姿を伝えるのが、ルイス・フロイスの『日本史』なのです(特に本書4巻)。

 長い引用になりますがフロイスの描写をみてください。


 〈屋形の富裕、座敷、窓の美しさ、座敷の内部に輝く金、赤い漆を塗った木柱と全部金色に塗った柱の数、食料庫の大きさ、多種多様な矮樹と、その下に大いに珍重されている自然巌の塊や、魚を放つ池、鳥を浮かべる池がある庭園の鮮やかな緑……〉


 彼らの驚嘆ぶりがみてとれます。

 信長が登場するまで、フロイスの筆致はどこか上から目線です。ところが信長に対しては敬服しています。〈耶蘇教に対しては好意的な態度を示した〉(同「国史大辞典」)ことももちろんですが、それだけではありません。人物として興味深く思っている。ゆえに描写が多いのです。特に「おっ」と思うところを抜き出してみます。


(1) 〈眠ること少なく、甚だ早起きであった〉
(2) 〈酒を飲まず、食事も適度〉
(3) 〈家居ではきわめて清潔を好み、諸事の指図にたいそう几帳面に気をくばっていた〉
(4) 〈戦運が彼に反するような場合、彼は度量が大きく、辛抱強かった〉
(5) 〈卑賤な、軽蔑されていた僕(しもべ)とも打解けて話した〉


 何かちゃんとした人でしょ? 〈気性激しく、癇癪もち〉だったともありますが、普段は違ったそうですし。

 最大限の褒め言葉は、これです。


 〈すぐれた理解力と明晰な判断力とをそなえた人〉


 現代社会でも、異文化を受け入れるかどうか、問われています。異国の宣教師を受け入れるという点で、信長の度量は大きい、と言わざるを得ません。では、信長が受け入れた理由は? それは次回、見ていきます。



カテゴリ:

東洋文庫
『日本史3 キリシタン伝来のころ』(ルイス・フロイス著、柳谷武夫訳)

2017/03/16
   苦行に喜びを見出したキリシタン
宣教師が見た戦国日本(3)

 16世紀、なぜキリスト教は日本に受け入れられたのか。『日本史』を読みながらずっと考えておりますが、『日本史3』にトンデモない記述を見つけました。


 〈日本のキリシタンたちは生来幾分苦行を好む傾向をもっている〉


 ん? 苦行? よく読んでいくと、その苦行とは「ヂシピリナ=鞭打ち」のことでした。


 〈(日本の)キリシタンたちは、皆驚嘆をおこさせるような厳しさで我が身を鞭打った。(中略)教会に到るまでの道は全く血で赤く染まっていたほどであった。しかも、それを行なったのは、男も女も同様であった〉


 この鞭は、〈普通結節をつけた細い麻紐を采配のように束ねてある〉(ジャパンナレッジ「国史大辞典」、「ジシピリナ」の項)もので、これで血を流すほど叩くのです。しかも本書には、〈ヂシピリナを行なわないようにと彼等に命令しなければならなかったほど〉という記述さえ見つかります。

 つまり、この時期のキリスト教の信仰は、身体的痛みを伴っていたのですね。

 調べてみると、「鞭打ち」自体は、ヨーロッパで一般的ではありません。〈中世における異端的キリスト教運動の一つ〉という扱いで、〈1349年,教皇クレメンス6世は,この運動を異端と宣して禁圧したが,消滅せず後世にも散見する〉(同「世界大百科事典」、「鞭打ち苦行者」の項)のだそうです。

 来日した宣教師たちも、病気治癒や祈祷用の道具として、信者に鞭を与えていますが、鞭打ちを奨励しているわけではありません。勝手に広まってしまったのです。

 この事実は何を意味するのでしょう?

 日本既存の宗教はこの頃、信者たちの「身体」とは無関係でした。神道も仏教も信者は祈願するだけ。修行は僧侶がするものであって、身体を用いた宗教的アプローチは、聖職者側にしか許されていなかったのです。

 仏教では、「三宝」(仏・法・僧)を敬え、と説きます。仏と法(教え)はともかく、僧を敬え、という言い方に私はずっと疑問でした。僧の側が、「三宝」と言うと、どうしても僧が一般人の上位に来ます。身体的修業は、僧と一般人を分ける特権的なツールだったのでは? と勘繰ります。一方で、一般人にしてみたら祈るだけでは物足りない。動乱の最中、身体に訴えかけてくる何かを得たい。これが、キリスト教の〈苦行〉的な受容になったのではないか? あくまで仮説ですが。



カテゴリ:

東洋文庫
『日本史2 キリシタン伝来のころ』(ルイス・フロイス著、柳谷武夫訳)

2017/03/09
   キリスト教を広めたのは異常気象!?
宣教師が見た戦国日本(2)

 興味深い記事がありました。

 15世紀から19世紀にかけて、太陽活動が低迷していて、〈およそ400年間は、気温が現在よりも低下していたことから小氷期(小氷河期)とよばれている〉のだそうです。日本では、冷害・長雨が頻発し、飢饉が何回も起きています(田家康「【異常気象】小氷河期が戦乱を生んだ」文藝春秋WEB)。戦国期の戦乱は、〈侵略した地域での「乱取り」(掠奪)〉も目的のひとつでした。

 『日本史2』には、異常気象の証拠ともいうべき記述があります。


(1)〈雪がたくさん降ったために馬は度たび危険を冒し……〉

(2)〈病み老いたぱあでれは寒さと雪とに身をさらされ……〉(※ぱあでれ=司祭)

(3)〈その日は寒気甚だしく、たいへんな雪降りであった〉


 日本で雪が降るのは当たり前ですが、(1)は鹿児島、(2)は熊本、(3)は長崎なのです。南国・九州で、当たり前のように大雪に見舞われる。このように『日本史2』の1560年代の日本は、どうやら全体的に“寒い”のです。これは、食物不足に直結し、やがて貧困と戦乱へと繋がっていきます。そんな時に、ヨーロッパの宣教師が日本にやってきたのでした。追い込まれた状況下では、彼らは“救いの神”だったのではないでしょうか。

 武将たちにとっても、宣教師のバックについていたポルトガルの存在は魅力的でした。

 横瀬浦は、〈長崎県西海市西海町横瀬郷にある港〉で、〈1562年(永禄5)キリシタン大名大村純忠(すみただ)によって開港〉(ジャパンナレッジ「ニッポニカ」)されました。


 〈そこに大きなキリシタンの町ができ、そこの家々にはポルトガルの商人たちが商品を置いて安んじて泊まれるように、横瀬浦の港自体を教会に与えよう〉


 と、〈純忠は十年間の貿易税を免除し、横瀬浦の半分(西浦)を教会領〉(同「国史大辞典」)にしてしまうのです。寺社に寄進するように、教会に土地をあげちゃったんですね。純忠はそのあとも、〈イエズス会に対し長崎港市とその周辺および茂木の地を寄進〉(同、「大村純忠」の項)しています。日本に〝外国〟があったんですね。

 現代社会は「地球温暖化」の真っ只中で、異常気象が頻発しています。最近の世界の政治・経済の不安定さは、戦国期と同様、もしかしたら異常気象のせいかもしれません。



カテゴリ:

東洋文庫
『日本史1 キリシタン伝来のころ』(ルイス・フロイス著、柳谷武夫訳)

2017/03/02
   なぜ人々はキリシタンとなったか
宣教師が見た戦国日本 (1)

 ルイス・フロイス(1532〜1597)をご存じでしょうか。

 簡略に説明すれば、〈織豊時代に日本で活躍したイエズス会司祭〉(ジャパンナレッジ「ニッポニカ」)です。この方、〈早くから文筆の才能が認められ〉、〈フランシスコ・ザビエル以後の布教史の執筆〉(同前)を行います。それが、本書『日本史』(全5巻)です。

 戦国時代について書かれた専門書や歴史書を読むと、必ずと言っていいほど、この『日本史』が登場します。実際、〈近世初期の日本史研究には第一級の史料〉であり、〈観察と情報蒐集の的確さと詳述という点では抜群の価値が認められる〉(同「国史大辞典」、「フロイス日本史」の項)という評価です。

 〈第1巻〈日本総記〉(今日不明),第2巻〈1549年~1578年〉,第3巻〈1578年~1589年〉〉(同「世界大百科事典」、「日本史」の項)からなる膨大な記録だったそうですが、上司から〈冗長にすぎる〉(同前)と言われ、お蔵入りします。結局、1926年に写本がドイツ語で訳されるまで、何と忘れられていたのです。で、本書は、第2巻の全訳です。

 非常に安易な気持ちで紐解いたのですが、正直、圧倒されました。

 時は戦国時代です。各地で戦火があり、土地は荒廃しています。そこに見目の違う異教徒がやってきて、これまでの常識とかけ離れたことを口にする。出迎えた日本人にとって、それはビッグインパクトです。

 ところが、さらに踏み込んで信仰の道に入る人がいる。僧侶は、〈何人も悪魔であるこの人たちのことを信ずるな〉と張り紙するのですが、それでも突き進みます。


 〈幼少の頃から拝んでいる偶像や父母を忘れて、キリシタンになることを望み、(中略)デウス(=神)に対する愛から、どんないやなことでも耐えようという覚悟ができている〉


 信仰とは何だろうか、と考えざるを得ません。

 「世界観」という言葉が頭に浮かびました。宣教師には、〈世界の創造と天地万物の御作者〉がデウスであるという絶対の自信がある。ところが、この当時の日本にはその答えが用意されていない。イザナギ、イザナミは日本を作っただけです。中国など他国には他の創造主がいたことを知識として知っている。丸い地球という存在が明らかになると、では誰が創造したのか、と疑問が湧く。ここで「デウス」と断言し、仏教も神道も「異教」と切り捨てられる宣教師は、強い。確固たる世界観です。

 『日本史』の記述の詳細さと深さに圧倒されっぱなしです。丁寧に1巻ずつ読んでいくことにします。



カテゴリ:

東洋文庫
『王書 ペルシア英雄叙事詩』(フィルドゥスィー著、黒柳恒男訳)

2017/02/23
   〈愛郷心〉を取り戻そうと訴えた
イランの叙事詩人の渾身作

 新聞で、〈厚生労働省は14日、保育所に通う3歳以上の幼児に対し、国旗や国歌に親しむことを求める文言を初めて盛り込む保育所保育指針改定案を公表した〉(毎日新聞2月15日)という記事を見つけ、唖然としました。幼稚園や保育所で国旗や国歌の教育? 国旗や国歌をないがしろにしろ、とはいいませんが、そもそも強制されるものでしょうか(そういえば、教育勅語を暗唱させる幼稚園が大阪にありますね)。

 最近、とみに「愛国心」ということについて考えます。ジャパンナレッジ「世界大百科事典」の指摘がまさに的を射ています。〈郷土や地域あるいは人類やアジアや世界連邦に向けられる非権力的な愛郷心〉(いわゆるパトリオティズム)と、〈権力装置である国家への忠誠としての〈愛国家心〉〉(ナショナリズム)をきちんと分けて考えるべきだ、というのです。

 〈愛郷心〉によって自分たちの誇りを取り戻そうとした詩人がいます。イランの叙事詩人フィルドゥスィー(934頃~1025頃)です。イラン(ペルシア)は、7世紀のイスラム侵入で文化的な大打撃を受けます。イラン固有の文化を守ろうと、40歳を過ぎていたフィルドゥスィーは立ち上がります。それが30年の歳月を費やし、詩句6万句弱という大作、叙事詩『王書(シャー・ナーメ)』です。

 これは、〈イラン建国より始まり,歴代50人の王を扱った列王伝〉で、〈古来,あらゆるロマンス,あらゆる伝説,あらゆるペルシャ的思考は『王書』を源泉とするとまでいわれ,この詩句を1句も諳んじないイラン人はいない〉(同「世界文学大事典」)のだそうです。つまりフィルドゥスィーは、イランの歴史(というより伝説)を朗々と歌い上げることで、〈愛郷心〉を呼び覚ましたのです。私たち日本人は、『万葉集』『古事記』『源氏物語』……と立ち返ることのできる文学を持っていますが、これがどんなに重みのあることなのか、思い知らされます。

 面白かったのは、英雄ロスタムの「七道程(ハフト・ハーン)」です。獅子に襲われ(1)、砂漠で飢え渇き(2)、龍と戦い(3)、魔女を真っ二つにし(4)、闇の世界を抜け(5)、悪鬼を蹴散らし(6)、白鬼を倒して王を救う(7)のです。

 〈わたしが槍を突き出して戦えば/岩は芯まで血に染まりましょう〉という勇ましい調子で全編、進みます。

 〈愛国家心〉に取り込まれないためには、むしろ、自分の中の〈愛郷心〉を見つめ直すべきかもしれません。



カテゴリ: